天香園ベストフルーツコレクション デジタルカタログはこちら

カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字はネットショップの休店日です。実店舗の休店日は異なりますので、詳しくはお電話ください。

苗の植え方

苗木の取扱い

苗木は、根部を風に当てたり直射日光に当てることは絶対に避けてください。(日本なし、洋なしは特に弱いので注意)

苗木の植え付け

植え付け時期

苗木の植え付けは落葉後の秋植の方が活着が良く苗木の生育が良い。
多雪地域では野ねずみ、野うさぎによる食害の対策を行う。
春植は、乾燥しやすい時期なので苗木は植え付け前に十分給水(12時間位)させ消雪後早めに植える。

苗木の消毒

植え付け前に右の表の方法で消毒をした後乾かないうちに苗木を植える。

苗木の消毒(一例として)
防除薬剤 倍数 処理方法
ベンレート水和剤 1,000倍 苗木の根を10分位浸漬してから植える
トップジンM水和剤 500倍
植穴

植穴は直径80cm位、深さ50~70cmに掘って 植えることが理想です。
植穴は秋期(苗木到着時)に堀り、表土・心土・完熟堆肥と適量の熔燐・石灰とを良く混和して埋め戻して定植に備えます。

植え付け

秋植、春植の場合24時間位根部を水に浸して十分給水させてから、仮植または定植して下さい。
接木部にビニールテープが巻かれている場合は取り除きます。
苗木は深植はしないで接木部は地上に出し、なお、さくらんぼ青葉台使用品種の場合は除外とする。
根は下向きになるようにし、直接肥料、有機物に触れないように土を踏む。
苗木が徒長しすぎないように肥料は控えめにしてください。
地上部を切り詰める長さは整枝法によって異なりますが、普通は下表の長さ(芽の上)で切り、切り口には癒合剤等を塗ります。

苗木の切りつめの長さの例
種類 規格・等級 地上部の苗木の長さ 種類 規格・等級 地上部の苗木の長さ
りんご(丸葉台) 1年特等苗 約60~70cm 柿・梅・プルーン
李・杏・マルメロ
カリン・イチョウ
1年特等苗 約60~70cm
りんご(わい性) 1年特等苗 約80~100cm
桃・ネクタリン 1年特等苗 約60cm
さくらんぼ 1年特等苗 約60~70cm ぶどう・キウィ 1年特等苗 約30cm
梨・くり 1年特等苗 約60~70cm いちじく 1年特等苗 約40cm

※植え付けはのコツは、十分吸水させてから植付して下さい。(鯉などを飼っている池には入れないでください。)

植え付けの一例

植え付けの一例

※農薬使用に関しては、登録をご確認の上、ご使用下さい。

栽植本数

植栽本数は、土壌の肥沃度、仕立て方、穂品種の樹勢、台木の種類等により異なりますが、主な種類の栽植本数は下記の通りです。

栽植本数の一例
りんご ふじ /M9台 4m×2m(125本/10a)
ふじ /M26台 4m×4m(62本/10a)
桜桃 佐藤錦 コルト台 8m×8m(16本/10a)
佐藤錦 スーパー6台 6m×6m(28本/10a)
洋なし ラ・フランス 主幹形 5m×5m (40本/10a)
オーロラ 棚仕立て 8m×8m (16本/10a)
もも あかつき 6m×6m(28本/10a)
川中島白桃 8m×8m(16本/10a)
このページの先頭へ